*

お客さんと購入者は違う。

 


前もブログにこの写真を載せましたが、自転車屋にメダカの水槽を置くコトは効果があるかも知れません。

お子さんだけでなく、保護者の方も興味津々です。

 

やっぱり『止まっているモノ』よりも『動いているモノ』の方が目が行きますよね。笑

メーカーさんの販促物のDVDも皆さん見て下さります。

 

 

 

 

さて、今日は本来休業日ですが、通学自転車の受注シーズンなので自転車屋の方に待機してみるコトにしました。

 

例年、日曜日しか来店出来ない方がおられるので、日にちを決めて何周か日曜日も開店しようと決めたのです。

 

 

結果、数組ですがご来店頂きました。

 

入学式は4月なので、まだ2ヶ月以上先なんですが、早くも注文して下さる方がおられて有難い限りです。

 

 

 

 

通学自転車ですが、中学3年+高校3年を続けて乗ってもらうコトがある意味前提なので、同じお客さんに2度以上、通学自転車を販売するケースってとても稀です。

 

交通事故などで全損になった時ぐらいです。

 

 

 

 

繰り返しますが、

 

『同じお客さんに2度以上 通学自転車を販売するケースってほとんどありません。』

 

 

 

けれど、語弊があるかも知れませんが整理してみると通学自転車って『お客さん』『購入者』が違うんですよね。

 

お客さん=学生さん本人

購入者=保護者さん、祖父母さん、親戚さん…

 

 

 

もちろん実際に乗ってもらうお客さんに価値が伝わらないと、選んでくれない。

それに加え、購入者に価値が伝わらないと、お金を頂くコトはできない。

 

 

まぁ、当たり前のことなんですがね。笑

けれど、これをしっかり認識するコトって大事だと思うんです。

 

 

 

3回目だけれども

 

『同じお客さんに2度以上通学自転車を販売するケースってほとんどありません…』

 

 

けれど、

 

『購入者さんは、2度以上購入する機会がある』

『場合によっては、購入者さんに価値が伝われば、別の方に伝えてくれる』

 

のです。

 

 

実際 昨日、今日来店頂いた方の半分は、弟さんや妹さん。

残りの半分が初めての方でしたが、初めての方の8割が近所の方からの紹介でした。

 

 

 

 

もちろん売って終わりじゃありません。

修理0でずっと乗り切ってもらうのがベストですが…

 

 

故障があればしっかりと修理対応しますし、

遠方の方であればご自宅や、学校まで修理を引き取り&納車したり。

 

定期点検や、修理後のアドバイスなどなど…

 

 

 

ここには書ききれませんが、色々なコトを通じてサポートをする中で、購入時以降もしっかりと本人さん、保護者さんの双方に、価値を伝え続けるコトが大事だと僕は感じます。

 

 

“詳しくは…"

関連記事

IMG_8945.JPG

自転車って、身体を守る工夫がされています。

    自転車が真っ直ぐに進まない…。   こういう修理を

記事を読む

FullSizeRender

『大切にする気持ち』って大きいと思う。

    自転車屋さんはパンク修理で儲けている?   なんか

記事を読む

IMG_1237

自転車の保険には加入して下さい。そして…。

  先週のブログの続編です。 前回の記事では、自転車の高額賠償保険っていうのは

記事を読む

IMG_5148

マジか、そう来たか…。

  少し前に、自転車のカギの話を書きました。   →→→ 通学

記事を読む

IMG_0506

シティサイクルのタイヤ交換って案外手間がかかるのです。

  ホイールを車体から外さないといけない。   実物を見てもらったらも

記事を読む

IMG_5148

うっかり に ご注意をー。

    こんばんは。タケちゃんです。 昨日に引き続き、カギのは

記事を読む

IMG_3851

修理を頼まれた箇所以外も見ています。

    一通り目は通しますよー   例え『パンク直して』と

記事を読む

IMG_9667

暗黙の了解に意味を持たせる。

  自転車屋さんの暗黙の了解   『暗黙の了解』と言ったら大袈裟かも知

記事を読む

IMG_2067

違和感に気付いてもらうって大事。

    違和感で不良が見つけられた。   先週、ある保護者

記事を読む

IMG_4334

自転車のタイヤの“はりがね”の正体

  一定の法則に従って編み込まれたスポーク。自転車のホイールって幾何学的で素

記事を読む

PAGE TOP ↑