*

電動アシスト自転車を買う時は、バッテリーに注目!!

公開日: : 最終更新日:2015/09/30 自転車のはなし

 

今までも何度か書いていますが、電動アシスト自転車についてです。

 

自転車全般に言えるコトですが、特に電動アシスト自転車に関しては 価格につられて、中国製とかの良くわからないメーカーの自転車は買わない方が良いです。本当に造りが いい加減過ぎます…。

 以前そんなコトを書いた記事のリンクを載っけておきますね♪

 

 

バッテリーの容量も決め手です。

 

当たり前ですが、国内メーカーだったら何でも良いってワケじゃないんですよね。

価格に目が行きがちですが、大きなポイントはバッテリーの容量です。

 

IMG_0843

例えば、この自転車だと12.8Ah

あくまでも理論値ですが、一度の充電で最大60km走れる計算です。

 

 

IMG_4819

対して、こちらの自転車は2.9Ah

一度の充電で、16kmしか走行出来ません。

あくまでも計算上ですが、片道8kmぐらいの距離しかバッテリーが持たないんですよ…。

 

 

性能は右肩下がり。

 

正直、どんな計算式でこの距離を叩きだしているかまでは 把握していませんが、電池は消耗品…。

革製品のように、使えば使う程味が出て 価値が上がるなんてコトはあり得ません。徐々に性能は落ちて行ってしまうばかりなんですよね。新車時で、16kmしか走行出来なかったモノが1年後、2年後どうなっているか…ある程度想像が着きますよね?

 

スマホで例えると もっとわかりやすいんじゃないでしょうか?

バッテリー容量が大きい≒一度の充電で長持ち≒より長く使える

100%とは言いませんが、こんな感じの法則が成り立ちますよね?

 

 

せっかく買ったのに…。

 

IMG_0822

バッテリーのない自転車

 

後先を考えずに購入して バッテリーがもう駄目になってしまって バッテリーなしで乗っておられる方も中にはおられます…。とってももったいないと思いませんか?(別売りで買うと結構高いんですよね…)

 

こうならないように、特に電動アシスト自転車なんかは、必ず相談に乗ってからでないと注文は取りません。価格差はあるとは言えども、安くても10万円近くはします 決して安い買い物ではないんですよね。

 

目的もなく、ただ漠然と買うモノではないと僕は感じます。

 

まだまだ発展途上。

 

ただ、前も言いましたが電動アシスト自転車ってまだまだ発展途上の領域です。

法律が改正されたり…。もっと容量の大きいバッテリーが開発されたり…。日々進歩していっています。

 

だからこそ、本当に必要か?何のタメに購入するか?

本当によく考えてから購入すべきモノでもありますねー。

 

 

“詳しくは…"

関連記事

IMG_9379

自転車に冬タイヤはあるの?

  ナゼかよく聞かれるこの質問…。笑   本当に何故かは、わかりません

記事を読む

IMG_9622

自転車の荷台を曲げないでー。

  取れたんじゃない…。取ったんだよっ!!笑   もう、ここ数年 中学

記事を読む

IMG_2359

シティサイクルの装備品って利便性が高いです。

    シティサイクルは全部揃っている。   シティサイク

記事を読む

image

自転車のペダルって左右で違いがあるんです。

  タイトルそのままですが…。笑    

記事を読む

img_6709

自転車は最短で翌日に届きます!! でも余裕を持って!!

    自転車はたいてい 翌日届く。   展示してある自転

記事を読む

IMG_9153

廃棄の自転車を見て思うこと。

      先週、通学自転車を納車した際に、

記事を読む

IMG_5009.PNG

自転車のカギが抜けない時、強引に引き抜かないでー。

    自転車のカギはちょっと特殊?   当たり前っちゃ当

記事を読む

IMG_0336-1

自転車のタイヤのサイズは少しややこしい…。

  自転車の規格ってわかりにくい。   ナゼか自転車の大きさを表す時っ

記事を読む

IMG_6862

自分の得手が仕事に繋がっている。

    “どうしてそうなったのか?”   悪く言ってし

記事を読む

IMG_1237

お客さんと購入者は違う。

  自転車屋に展示(?)してあるメダカ‼︎親の趣味なんだろうけど凝ると楽しい

記事を読む

PAGE TOP ↑