*

空気圧で重さを支えている。

 

ちょっと週末は飛び飛び更新になっちゃいました…。

今日は『空気圧』のはなしです♪

 

 

空気の力で荷重を支えている。

 

『ちゃんと空気入れてー』ってのがすっかり口癖になってしまっていますね…。笑

タイヤの中の空気って本当に色々な役目があるのですが、なんだかんだ凄いなーって思うのは、しっかりと体重や車体の重さを支えてくれているコトです。

何度か書いたコトがあるかも知れませんが、自転車も車も、地面に接しているのはタイヤだけです!!

 

 

空気圧で耐えれる重さが決まる。

 

あまり、気にされたコトはないと思いますが…そうなんです。

ちょっとの例なんですが こんな表があるんですよね。

image

他のサイズはコチラから

 

この表が何を表しているかと言うと、、、

『強さが◯◯のタイヤに、□□ kPaの空気圧を入れると、✕✕ Kgの重さに耐えれます。』

ってコトを示しています。

 

 

ちょっと例えてみましょ。

 

IMG_9591-1

 

ほぼ、車のドアを開けた所。もしくは給油口に指定の空気圧が書いてあります。

この車の場合だったら、この指定のサイズのタイヤを装着した場合、240kPaが指定の空気圧です

アンダーラインを引いた『75』っていう数字が タイヤがどれぐらいの荷重を支えられるか?表した数字になります。荷重指数(LI=ロードインデックス)って言います。

 

 

さっきの表に当てはめましょう♪

image

 

荷重指数(LI=ロードインデックス)が75のタイヤに、240kPaの空気圧を入れた場合『387』です。

※右のアンダーラインの数字です。

 

この387って数字は1本当たり支えられるKg数なのです。

車はタイヤが4本なので387Kg✕4本=1548Kgの荷重を支えられるコトになります♪

 

 

空気圧が低いと大変。

 

もし、空気圧が下がって 220kPaしか入っていなかったら…。

370kg✕4本=1480kgの荷重しか支えられないコトになります♪

 

もし、もっと気圧がさがって200kPaしか入っていなかったら…。

350kg✕4本=1400kgの荷重をしか支えられないコトになります。

 

指定の空気圧の時と比べると約150kgほど支えられる重さが変化しちゃうのです…。

 

 

 

どうすればいい?

 

必ずメーカー指定の空気圧は守って下さい♪

遠出する前には 出来るだけ事前に空気圧をチェックするコト。

それと、やっぱり自然と空気は抜けて行くモノなので 少し多めに(20kPaぐらい)入れておくと良いかも知れませんね♪

多けりゃいいってワケじゃありませんが、規定より下回らないようにするコトは大事です♪

(これ以上空気を入れても、何も変わりませんよー。っていう天がありますからね。。。)

 

空気圧って本当に凄い役割を担っているでしょ? 

 

 

“詳しくは…"

関連記事

IMG_6086

自転車以外の修理も多いのです

  自転車以外の修理も多いのです。   電動シニアカートのタイヤだった

記事を読む

IMG_8778

中学生用の自転車は、ベルト式がオススメ!!

    昨日、ベルトの話をしたので、今日もその流れでベルト式の自転車のお

記事を読む

IMG_8180.PNG

自転車は、ペダルひと漕ぎで どれだけの距離を進めるのか?

  自転車にギヤは欠かせません。   自転車にとって、ギヤは欠かせない

記事を読む

IMG_0753

もうすぐ新学期。自転車の空気は大丈夫ですか?

    相変わらずアクセス数が多い。   毎日検索経由

記事を読む

DSC03886

情報だって編集力 はてブの魅力 その1

  こんばんは、Amebaブログの時から『書こう 書こう』と思っていたコトをずっと忘

記事を読む

img_6417

オートライトが点灯しない時に自分で出来る対処法

    オートライトは本当に画期的    何度も書いて

記事を読む

IMG_6862

自分の得手が仕事に繋がっている。

    “どうしてそうなったのか?”   悪く言ってし

記事を読む

IMG_0650

見させてもらえれば、ある程度の背景は予測出来る。

  こんばんは。 台風の影響もあってか、先週ほど まとまった修理依頼はなくちょっと

記事を読む

IMG_7774

決してモノが捨てられないワケじゃないんです。

    うーん。 とは言うものの、溜め癖はあるのかも知れません

記事を読む

IMG_4695.JPG

自分さえよければ… なんて通じない。

    最近 車で出かけるコトが多いのですが、高速に乗ると特に車線変

記事を読む

PAGE TOP ↑