*

タイヤの空気は自然と抜けてしまいます。

 

時々言われるんです。

 

自転車も、車も共通して言えることですが、パンクしていなくても 乗っていなくても自然と空気は抜けてしまうものです。

例えば、今なんかはちょっと暖かくなって来て車のスノータイヤからサマータイヤへの履き戻しが進んでいますが、12月→3月までタイヤを放置しているだけで結構空気って抜けているもんです。

だいたい規定圧の3/4ぐらいになっていますね。

 

履き替え前には必ずエアチェックをしますが、履き替えのない地域なんかは定期的に自分でエアチェックをした方がいいと思います。

 

不良品じゃないか!!って言われてしまいそうですが、性質上仕方がないことです。

(けれど、やっぱり質が悪いと空気が抜けやすいのは確かです。)

 

 

っていうか…

『空気は抜ける』『定期的にチェックをする必要がある』

という前提があるから、空気を入れる口がちゃんと分かりやすくあると思うんですよね。

 

IMG_6110

 

 

 

ボールに例えたら分かりやすいかも?

 

サッカーボールには空気を入れる口があるけれど、野球ボールにはありません。

バレーボールにも空気を入れる口があるけれど、ゴルフボールにはありません。

バスケットボールにも空気を入れる口があるけれど、ボーリングに球にはありません。

 

とまぁ こんな感じで書いて行ったらキリがないですが…。笑

 

サッカーボールやバレーボールがパンクするってコトは…

まぁないでしょうが空気を入れる口がある理由は、放おっておいたら自然と空気が抜けるからですよね。

抜けないのであれば。そもそも中に空気が入っていなければ。空気を入れる口は必要ありません。

 

部活をされてた方なら一度は空気を入れた経験…あるんじゃないでしょうか?

 

 

ちゃんと意味がある

 

空気を入れるのが面倒だからー♪

と言って、他の競技のボールと取り替えっこしたら大変なコトになりますよね。

いくら同じぐらいの大きさでも、ボーリングの球でバレーボールをしたら…(想像にお任せします…笑)

 

 

自転車や車だってそうです。

クッション性や乗り心地。他のパーツとの兼ね合いもあります。

以前こんな記事を書きましたが、車のタイヤだと空気圧によって どれだけの重さに耐えれるか?

というような規格があります。

 

車体重量、人や荷物を支え。かつ快適性を上げるために空気式が選ばれています。

空気式であるコトにはちゃんと意味はあると思います。

 

ただ、その代償として こまめな補充が必要となるというコトを頭に入れといてもらえると幸いです♪

けれどこの先、それに代わる素材が出て来るかも知れませんねー♪

 

 

 

“詳しくは…"

関連記事

IMG_8093.PNG

自転車のタイヤの骨組は大事!!

    一昨日のブログに、こんな写真を交えた記事を投稿しました。 &n

記事を読む

IMG_1863

シティサイクルはカスタマイズに不向きかも?

  え、なんで出来ないの?   今日、お客さんから 『昔、娘に買った

記事を読む

IMG_7484

蹴っても、叩いても 自転車は直らない。

  想定外な力には弱いです。   『自転車の泥除けにタイヤが擦れて異音

記事を読む

IMG_7598

この時期特有の修理と、その対策。

  今日は本当に暑かったです。途中で降ってきた夕立のおかげで少しはマシになりましたが

記事を読む

image

空気が少ないと、進む距離も短くなりますよー。

    自転車の空気が減っていると、パンクしやすいというコトは、以前

記事を読む

IMG_1237

無灯火はやめましょうねー。

  びわ湖ハイボールってのがあるんだって。ラムネシロップないから、ブルーキュ

記事を読む

IMG_9379

自転車に冬タイヤはあるの?

  ナゼかよく聞かれるこの質問…。笑   本当に何故かは、わかりません

記事を読む

IMG_3269

自転車の工具は、ちゃんと合ったのを使って下さいねー。

    車と少し違う。   自転車に使われているナットの大

記事を読む

IMG_5054.PNG

穴を塞ぐコトだけが仕事なんじゃない。

    さて、今日自転車の修理依頼があったのですが 『出来れば

記事を読む

IMG_9985.JPG

サドルの固定の仕方に注意!!

  サドルが固定出来ない。   『ゴメン。お宅で買ったモノじゃないんだ

記事を読む

PAGE TOP ↑