*

自転車のワイヤーは伸びます。

公開日: : 自転車のはなし

 

 

ワイヤーの役目は大きい。

 

以前も書きましたが、自転車のワイヤーって凄く大きな仕事を担っています。

 

ブレーキがかかるのもワイヤーのおかげ。

変速機が動くのもワイヤーのおかげです。

 

 

そして、張り加減が凄く大事になって来ます。

 

ブレーキならば、、、極端ですが、

ゆる過ぎたら、ブレーキは効きませんし。

キツ過ぎたら、ブレーキが効きっぱなしです。

 

変速機なら、

1段飛ばしになってしまったり、変速が変わらなかったり…。

正常に作動してくれません。

 

 

 

ワイヤーは伸びる。

 

IMG_8020

 

だいたい想像がつくと思うのですが、ワイヤーは自然と伸びちゃいます。

伸びると張り加減も変化しちゃって 色々な弊害が出てしまいます。

 

 

で、意外だと思うのですが、一番ワイヤーが伸びるのは新品の時です。

いわゆる初期伸びというヤツです。

 

 

この山を越えると ほぼワイヤーは伸びなくなります。

で、新車を組み立てる時ワイヤーを新品に交換する時には必ず初期伸びを取ります。

 

これって結構ハッキリとわかるんです。

新しいワイヤーを固定して、ブレーキレバーを数回握ると 毎回ブレーキの効きが変化して、だんだんと ゆるくなって行きます。

ワイヤーが伸びている証拠です。

 

 

ワイヤーの伸びが取れた後に、しっかり調整しなくちゃダメなのです。

一発で『これぐらいで大丈夫だ♪』って思っても、使っている間にブレーキがゆるくなって行きますからねー。

 

変速機だったら、上手いこと一段ずつ変速しない等のトラブルにも繋がります。

変速機は本当に繊細なので、少しの張り加減が大きく影響しちゃいます。

 

 

 

工場出荷状態では伸びは取れていない。

 

メーカーから納品されて来る時には、仮にある程度組まれている状態で納品が来ます。

変速機に元からワイヤーが固定されているコトもありますが、工場出荷状態ではこの初期伸びは取れていません。

 

 

なので、工場出荷のまま販売しているような所…。

言うならば、自分のお店で整備が出来ないお店で購入するのはオススメ出来ません。

ネットもそうですし、いちがいには言えませんが、整備・修理が不可能なスーパー・ホームセンター等も同じです。

 

 

…と、言っても最初の 組立ての時点で取り切れていない伸びが、納車後に起こるコトもあり得ます。

これはワイヤー特性上仕方がないです。

が、書いた通り一番 ワイヤーが伸びるのは新品の時なので、この伸びをちゃんと取っているか?いないか?

の違いはとても大きいです。

 

 

とにかくブレーキ・変速機の違和感に気付いたら、出来るだけすぐに再調整に行ってくださいね♪

“詳しくは…"

関連記事

FullSizeRender

自転車ってサプライズのプレゼントには不向きかも?

    お誕生日のプレゼント。   昨日の納車は、5歳のお

記事を読む

IMG_8945.JPG

自転車って、身体を守る工夫がされています。

    自転車が真っ直ぐに進まない…。   こういう修理を

記事を読む

IMG_3960

実はママチャリって日常に必要な装備が揃っているのです。

    シティサイクルは全部揃っている。   シティサイク

記事を読む

IMG_0506

シティサイクルのタイヤ交換って案外手間がかかるのです。

  ホイールを車体から外さないといけない。   実物を見てもらったらも

記事を読む

IMG_7315

勘違いさせないコトも大事です。〜自転車の反射板のはなし〜

  車を運転すると特に感じるでしょう。   自動車も自転車も無灯火って

記事を読む

IMG_7598

この時期特有の修理と、その対策。

  今日は本当に暑かったです。途中で降ってきた夕立のおかげで少しはマシになりましたが

記事を読む

IMG_5313

自転車の『虫ゴム』ってなんだ?

    虫ゴムって知っていますか?   『虫ゴム』って仕事

記事を読む

IMG_8107.JPG

予兆もなく壊れるのが一番怖い。

    高い自転車でも無理したら壊れる。   これ…すごく

記事を読む

IMG_6236

自転車の“ギヤ”の話 〜前編〜

  超エントリーモデルだけど、こうやって写真に撮るとカッコよく見える自転車の

記事を読む

IMG_7853

時には断るコトも大事。

    昨日は、少しですが親戚を呼んでお墓参りをしました。 前

記事を読む

PAGE TOP ↑