*

自転車のワイヤーは伸びます。

公開日: : 自転車のはなし

 

 

ワイヤーの役目は大きい。

 

以前も書きましたが、自転車のワイヤーって凄く大きな仕事を担っています。

 

ブレーキがかかるのもワイヤーのおかげ。

変速機が動くのもワイヤーのおかげです。

 

 

そして、張り加減が凄く大事になって来ます。

 

ブレーキならば、、、極端ですが、

ゆる過ぎたら、ブレーキは効きませんし。

キツ過ぎたら、ブレーキが効きっぱなしです。

 

変速機なら、

1段飛ばしになってしまったり、変速が変わらなかったり…。

正常に作動してくれません。

 

 

 

ワイヤーは伸びる。

 

IMG_8020

 

だいたい想像がつくと思うのですが、ワイヤーは自然と伸びちゃいます。

伸びると張り加減も変化しちゃって 色々な弊害が出てしまいます。

 

 

で、意外だと思うのですが、一番ワイヤーが伸びるのは新品の時です。

いわゆる初期伸びというヤツです。

 

 

この山を越えると ほぼワイヤーは伸びなくなります。

で、新車を組み立てる時ワイヤーを新品に交換する時には必ず初期伸びを取ります。

 

これって結構ハッキリとわかるんです。

新しいワイヤーを固定して、ブレーキレバーを数回握ると 毎回ブレーキの効きが変化して、だんだんと ゆるくなって行きます。

ワイヤーが伸びている証拠です。

 

 

ワイヤーの伸びが取れた後に、しっかり調整しなくちゃダメなのです。

一発で『これぐらいで大丈夫だ♪』って思っても、使っている間にブレーキがゆるくなって行きますからねー。

 

変速機だったら、上手いこと一段ずつ変速しない等のトラブルにも繋がります。

変速機は本当に繊細なので、少しの張り加減が大きく影響しちゃいます。

 

 

 

工場出荷状態では伸びは取れていない。

 

メーカーから納品されて来る時には、仮にある程度組まれている状態で納品が来ます。

変速機に元からワイヤーが固定されているコトもありますが、工場出荷状態ではこの初期伸びは取れていません。

 

 

なので、工場出荷のまま販売しているような所…。

言うならば、自分のお店で整備が出来ないお店で購入するのはオススメ出来ません。

ネットもそうですし、いちがいには言えませんが、整備・修理が不可能なスーパー・ホームセンター等も同じです。

 

 

…と、言っても最初の 組立ての時点で取り切れていない伸びが、納車後に起こるコトもあり得ます。

これはワイヤー特性上仕方がないです。

が、書いた通り一番 ワイヤーが伸びるのは新品の時なので、この伸びをちゃんと取っているか?いないか?

の違いはとても大きいです。

 

 

とにかくブレーキ・変速機の違和感に気付いたら、出来るだけすぐに再調整に行ってくださいね♪

“詳しくは…"

関連記事

IMG_7871

タイヤのヒビ割れ…原因は空気圧不足かも?

  ヒビが入るとマズイです。   タイヤの横面(側面)は、空気を入れず

記事を読む

image

自転車のペダルって左右で違いがあるんです。

  タイトルそのままですが…。笑    

記事を読む

IMG_1598

欠陥・不備がある状態で お客さんに手渡さない。

  ミスは稀にある。   当たり前ですが、誰にでもミスはあります。

記事を読む

IMG_0329

他人の不幸で儲けているわけじゃないのです。

    自転車屋さんはパンク修理で儲けている?   なんか

記事を読む

image

ちょっと ほっこりする瞬間。

  ちょっと変わっているのかも知れないけれど、、、。 自転車屋さんの仕事をして

記事を読む

IMG_5100

応用で こんなモノの修理出来ます。

  土日と、また更新が出来ませんでした…。    

記事を読む

IMG_7068

荷台は、人が乗る所じゃない・・・。

  自転車の二人乗りはやめてくださいね。   ※これは、どっち

記事を読む

IMG_2148

間違ったやり方…。とってもキケンです。

  ついつい見ちゃう。   修理を預かった時には一応、症状があった場所

記事を読む

IMG_0895

電動アシスト自転車は良く考えて購入して下さいねー

    漠然と欲しい気持ちもわかります。   最近またテレ

記事を読む

IMG_7598

この時期特有の修理と、その対策。

  今日は本当に暑かったです。途中で降ってきた夕立のおかげで少しはマシになりましたが

記事を読む

PAGE TOP ↑